40代シングルマザーでもパパ活できる?上司との不倫セックスで3万円 2/3

超ハンサムな元上司からのアプローチで愛人に

44歳シングルマザーの夏野ゆいな(仮名)です。私は千葉県在住で、2013年〜2014年の間、当時52歳の男性とお付き合いしておりました。彼からは、セックスの度に2-3万のお金をいただいていました。

前回の記事はこちら

52歳の彼と私が愛人になったきっかけですが、私から彼に久しぶりに連絡を取ったのが始まりです。

ある日、私が以前に勤めていた職場の上司だった彼と会うことになりました。理由は私が転職して、彼が携わっている分野の仕事に就くことになり、色々とアドバイスが欲しくて私からラインしました。

彼は、一緒に働いていた時から面白くて、優しくて、頭が良くてお洒落な人だと思っていました。

もちろん結婚していて、大きなお子さんもいましたが、非常にモテる人でした。バレンタインには各部署の女性たちが、彼にチョコレートを渡しに来るのです。

でも2人で会うことになった時、まったくやましい気持ちはなく、純粋に仕事の話を聞きたかったのです。

でも、彼は最初から、私と関係を持とうとしていたようでした。

大手町で待ち合わせをして、食事したり、軽く飲んだりしながら話を聞きました。真面目な私はメモを取りながら話しましたが、お店を出ると、彼が手を繋いできたのです。

お金がある男性は、SEXテクも上手!?

彼と交際しているときは、彼が食事代や飲み代を全て出してくれました。もちろんホテル代もです。そして、着る物にもお金をかけているので、少し頭が薄くてもとてもステキに見えます。

彼の愛人になっていちばん良いのは、お小遣いがもらえたことです。

セックスをしてお小遣いをもらうなんて初めての経験でした。

若い男性やお金のない男性には、決してできないことです。経済力があるからか、モテるからなのか、セックスのテクニックも今までで一番最高でした。

「おじさんとのセックスなんて…」と最初は期待していなかったのですが、期待以上でした。恐らく自分の体のコンディションを整えることにも、お金を使っているからかもしれません。

それに彼はストイックなところがあり、ジムに通ったり筋トレをしていたので、自分の体にも相当の自信があったと思います。

Tバックやガーターベルト…彼好みの下着を一緒にショッピング

私はバツイチ子持ちなので、頂いたお金は生活費や子供たちの服を買う時に使っていました。こういうお金は残しておかない方がいいと思ったのでどんどん使っていました。

あと、私のランジェリーは、すべて彼が購入してくれました。

一緒にランジェリーを見に行き、彼好みのランジェリーを買ってもらうのです。ティーバックやガーターベルトが彼の好みでした。私は胸がEカップなので、いつも「絶対に似合うよ」と喜んで買っていました。

ランジェリーを買ってもらった日は、そのランジェリーを着けたままセックスするのです。

淡い色ではなく、紫や青など、マダムの好きそうなゴージャスなランジェリーが主でした。ワコールのランジェリーは、いつも2万円相当のものを買ってくれました。

SEXで彼を満足させるための「膣圧トレーニング」

彼と愛人関係にあった時は、月に3回はセックスしていたので、6万から、多い時で9万円のお小遣いがありました。お金があることで不安がなくなり、セックスで体が満たされていきました。

デートの度に美味しいものを食べたり、エステに連れていってもらったこともありました。

イライラしなくなり、子どもに当たることもなくなりました。

「自分はこんなステキな男性に愛される価値のある女なんだ」と、自信さえ湧いてきました。

でも心のどこかで、この生活は長く続くものではないとわかっていました。

そのことを考えると眠れなくなるので、考えないように、ひたすら彼との時間を愉しむことにしていました。セックスで彼を満足させてあげられるように、ストレッチや膣圧トレーニングもしていました。

SEXが大好きな私、彼のお陰で「絶頂」を経験

彼と付き合ってよかったことは女に磨きがかかったことです。

私は、今までセックスしてきた男性とは、セックスでイクことなどありませんでした。

恥ずかしい話ですが、私はセックスが大好きなんです。ですから、セックスの相性が悪い男性とは、ストレスがたまってしまい長続きしません。

52歳の彼と初めてセックスした時に「ちゃんとイッたことあるの?」と聞かれ、「オナニーでしかイッたことがない」と正直に話しました。そんなことを聞かれたのも初めての経験でした。

それから彼は、私の体を研究し尽くして、「どうしたらイケるようになるのか」色々試してくれました。彼がイクことより、私のことを優先してくれるセックスなんて初めてでした。

そして、彼のお陰で、私はセックスで初めてイクことができました。

それからは、イク感覚を掴めるようになりました。

好きな人ができ、彼とお別れ

彼とは暫くお付き合いしていましたが、私に他に好きな男性ができたのでお別れしました。経済的には潤いがなくなりましたが、所詮、彼は他人のものなのです。

彼と別れてから、意外にもすっきりして、本来の自分に戻れた気がしました。

こうして私は、好きになった男性と「等身大の恋愛」を始めました。

新しい彼との食事は、ファミレスやファーストフードの時もありますがご馳走してくれますし、私には十分です。ちなみに新しい彼もランジェリーを買ってくれます。ですが、さすがにセックスの度にお金をくれるなんてことはありません。

愛人として付き合っていた彼は、私と別れる時にずいぶんとゴネていましたが、それを見た時にかなり引きました。

しばらくは私にラインが来たりすることもあり、「大人の男性だと思っていたけど、そうでもないんだな」と思いました。たぶん、また若い愛人を見つけるんだと思います。

お金よりSEX。2人が盛り上がる雰囲気も大切ね

お付き合いする男性ですが、自分より年収が低くなければ大丈夫です。私の新しい彼は、愛人を囲えるほどではありませんが、そこそこ稼げる人です。

お金が全てだという女性には耐えられないかもしれませんが、私はお金より「セックス」を重視するので、セックスが良ければ大丈夫なのです。

ただ、お金のある人は、セックスの上手な人が多いです。

それは、「余裕」があるからかもしれません。心に余裕のない男は、女を幸せにするどころかイライラさせます。

お金のない男性は、やはりいつも余裕がないので「せっかちなセックス」しかしないのです。セックスする環境も、女性が優雅な気持ちになれるようなホテルやオシャレなマンションが理想です。

いつも彼の狭くて小さくて汚れたアパートでセックスしていたら、満たされるどころか、心まで荒んでしまいそうです。

アラフォーシングルマザーのパパ活実録記

夏野ゆいなと愛人男性とのリアルな体験談の続きはこちらをチェック!

40代シングルマザーのパパ活体験談!SEXで何度もイってお金を貰う3/3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です