40代シングルマザーでもパパ活できる?上司との不倫セックスで3万円 3/3

44歳シングルマザーの夏野ゆいな(仮名)です。私は千葉県在住で、2013年〜2014年の間、当時52歳の男性とお付き合いしておりました。彼からは、セックスの度に2-3万のお金をいただいていました。

前回の記事はこちら。

【実話】40代シングルマザーでもパパ活できる?上司との不倫セックスで3万円 1/3

【実話】40代シングルマザーでもパパ活できる?上司との不倫セックスで3万円 2/3

 

タレント男性に似た濃い顔のパパ

 

彼の見た目はタレントの「島崎俊郎」をもっとカッコ良くした感じです。

頭が良く、話術に富み、女性を飽きさせない人でした。基本的に女性にはとても優しいのですが、部下の男性には厳しい面もありました。

仕事中にも面白いことを言ってよく笑わせてくれましたので、女性には大変人気がある人でした。

それにとてもお洒落でした。頭は少し薄くなっていましたが、背が高いのでスーツがとても似合っていました。

カラーシャツやネクタイを上手に着こなしていました。いつも香水の良い香りがしました。

奥様のお見立てかもしれません。

島崎俊郎 引用:ケイダッシュウェブサイト

 

上司にキスされ愛人の関係に

 

転職をきっかけに私が携わる仕事が、彼に関わりが深かったので純粋に話を聞きたいと思い連絡を取りました。
私が彼と一緒の職場を去ってからも時々ラインなどはしていました。

一緒に仕事をしている時から気に入られていることも分かっていました。

ただ、基本的に女性からの誘いは断らないのだと思います。食事をした時は、本当に会うのは3年ぶりくらいだったと思います。

私は愛人になる気などさらさらありませんでした。

日本橋で食事をして、少し飲んで、東京駅まで歩こうと彼が言いながら手を繋いできました。

その日は手しか繋ぎませんでしたが、手を繋いだから「OK」だと思われたみたいです。

すぐにラインがたくさん来るようになって、早く会おうとしつこく誘われました。

 

最初はめんどくさいと思ったのと、尊敬していたのにそんな風に誘ってくることに半ば呆れながらも、次のデートをしてしまいました。

私もステディな彼氏がいなかったので、適当に付き合えばいいやと思いました。その頃は恋愛に対してかなり投げやりになっていたせいもあります。

その後、幕張で飲んだ後に歩道橋でキスされて、酔った勢いもあって身を委ねてしまいました。そのままホテルに連れて行かれました。

彼とセックスしてしまったので、私、愛人になっちゃったのかもしれない、と自分に対して少し残念な気持ちにもなりました。

 

一度SEXしたら彼からしつこいアプローチ

 

愛人になる直前は手を繋いだだけなのに、「早く会いたい」というラインがしつこく送られてきました。

一度体の関係を持ってからは、セックスの感想とか私のセックスが良かったからすぐにまたしたくなった、という内容のラインが頻繁に送られてきました。

正直めんどくさいと思いましたが、お小遣いももらってしまったので無碍にできず、適当に返信していました。

次のセックスの時に、写真や動画を撮りたいと言われましたが、それだけはキッパリと断わりました。

あと、共通の知り合いには私たちの関係を決して漏らさないように、そこだけはなぜか上から目線で言われました。

やっぱりこの人は、自分の地位とか名誉を守りながらも、こういう不適切な関係を望んでいるのだということがそのラインから伝わってきて、頭に来ました。

あまり、いい気持ちはしなかったです。

 

体を許したけど不倫だから本気にはならない

 

その頃は恋愛に対して投げやりになっていたことが大きかったです。離婚してから、男性とお付き合いしてもみんな3ヶ月以内で終わっていました。

不倫をしたこともありましたが、不倫で本気になったことは一度もありませんでした。

今回もそういう感じで、「既婚者のクセに平気で誘ってくるなんて!」と内心呆れていた部分がありました。

大きな感情の変化はありませんが、「男性はみんな同じなんだな」と思っただけでした。

そのくらい気持ちが冷めていたので、感情も動きませんでしま。

 

モテモテ上司がどんなSEXをするのかは気になっていた

 

その一方で、セックスは久しぶりだったので、してみたいと感じたのも確かです。

男性に触られていた方が、女性ホルモンが安定すると聞いたことがあったからです。

また彼は学生の時に5股かけていたことがあるそうなので、一度にそんなたくさんの女性を満足させられるだけのテクニックがあるのかもしれないと期待していた部分もありました。

 

一緒に働いていた時から「この人はどんなセックスをするんだろう?」と興味を持っていた部分もありました。

 

実際にセックスしてみたら想像よりも良かったので、彼氏ができるまでだったら時々会ってセックスするのも良いかもしれないと思いました。

そして、セックスの後にお小遣いをもらってとてもびっくりしました。

 

セックスでイった事がない私。大人のオモチャとエッチなランジェリーで…快感に目覚める。

 

何度かセックスするうちに私がイカないので、「なんでイカないの?」と聞かれるようになりました。

私が正直に、男性とのセックスで一度もイッたことがないと話したら、「これまでセックスした女性の中で、イカないのは君くらいだ」と言われました。

内心、彼とセックスした女性の何人かはきっと演技していたのでは?と思いましたが、プライドを傷つけてはいけないと思い、何も言いませんでした。

彼はいつも自分だけイクのが申し訳ないと言って、オトナのオモチャを買ってきてくれました。

あと気分が盛り上がるようにと、セクシーなランジェリーも用意してくれましたが、遊び用なのでものすごく安っぽい生地でできていました。

せっかく買ってきてくれたので身に付けてみましたが、乳首のところに穴が空いていたり、履いたまま挿入できるような変なショーツでした。

着用面積が小さくて、どう着たらいいのかわからないようなランジェリーばかりだったので、「今度高級なランジェリーを買ってあげるから、今日はコレを着てみて欲しい」とお願いされ、しぶしぶ着てみました。

このランジェリーの着心地は最悪でしたが、彼は興奮して買ってきたローターやバイブを使って、私が声をあげると嬉しそうにしていました。

そのうち、毎回セックスの時にオトナのオモチャを使うようになりました。

 

 

ローターやバイブ、電マがお気に入り。血管が浮き出ている極太バイブまで!

 

彼はオトナのオモチャを秋葉原のショップで選んできたそうです。よくそんなお店に出入りできるなと思いましたが、男性は恥ずかしくないのでしょうか?

カップルで買いに来ていた人たちもいたそうです。

最初に買ってきたのはローターやスケルトンタイプのかわいいピンクのバイブでした。

それが壊れると、小型の電マを買ってきました。これを使うと私が喜ぶので、毎回使うようになりました。

クンニリングスの時に舐めながら電マを当てられたり、挿入もできるタイプだったので挿れられて、彼が手で動かしたりしていました。

一度、ものすごく大きくてリアルな特大バイブを買ってきたこともありました。

彼のモノよりも大きく、黒くて、血管が浮き出ているデザインで正直引きましたが、使うために買ってきたのでしょうから受け入れました。

バイブレーションが強過ぎて、肩凝りのマッサージに使えるんじゃないかと思うほどでした。

とてもいやらしい形と音のオモチャで「家に持って帰って使ってもいいよ」と言われ持ち帰りましたが、グロ過ぎて家族に見つかったら大変なのですぐ彼に返しました。

 

彼とのSEXのために「膣引き締めるパック」で膣トレ

 

通販で購入した膣の中を引き締めるパックを愛用していました。

これを使うと臭いが気にならなくなり、膣の中が締まるという商品でした。

1つ4,000円くらいしましたが、お小遣いをもらっていたので、彼と付き合っている間は使っていました。

時々、シャワーも浴びずにクンニリングスをされることがあり、彼は気にしないと言っていましたが、私の方が臭いなどが気になってしまったので、そのパックを毎日使いました。

膣が締まったかどうかはわかりませんが、臭いがほとんど気にならなくなりました。

他にセットで購入した膣圧トレーニングのグッズは使用感が悪くて、短期間でお蔵入りしてしまいました。

ゴルフボール大のボールが2つ付いた膣圧トレーニンググッズで、膣の中に挿入してボールが落ちないように締めるとのことでした。

お風呂の時にしかトレーニングできず、いまいちでした。

 

彼は私が望むセックスをしてくれ、女性を気持ちよくさせる天才だった

 

これまでセックスした男性は、自分が気持ち良くなることしか考えていない男性がたくさんいました。

例えばコンドームを付けなかったり、フェラチオさせるのにクンニリングスしないなどです。

 

でも彼は違いました。

 

私が何も言わなくても、私が望む以上のことをしてくれたので、そういうセックスのストレスがほとんどありませんでした。

 

また彼はセックスの最中に恥ずかしい言葉を私に言わせるのが好きでした。

最初はとても恥ずかしかったのですが、慣れてくると自分から言うようにしたので、彼はとても満足しているようでした。

それと「こんなセックス初めて?」とか「今までこんなにしてくれたヤツ、いなかっただろ?」とよく最中に聞かれました。

そういうやりとりが、結構好きだったりしました。

 

人生で一番スリルがあったビーチセックス

 

SEXの最中は、基本的に彼のいう通りにしていると喜ばれました。「気持ちい?」と聞かれれば、オウム返しで「うん。気持ちい」と答える感じです。

 

フェラチオは必ずしてあげました。上目遣いに顔を見ながらして欲しいと言われました。

もっと唾を垂らしてとか、もっと強く吸ってとか、何気に注文されていましたが、全て彼の言う通りにしてあげました。

「私が1人でしている所も見たい」と言われたので、見せてあげたこともあります。

 

非日常的なプレイは、海辺でのセックスです。夏に勝浦に一泊旅行に行き、夜人気のない海で、着衣のまま後ろから彼に突かれました。

いつもと違うシュチュエーションでとても興奮しました。

誰かに見られるかもしれないというドキドキ感と声をあげても波の音に消されていく、あの光景が忘れられません。

 

彼に貰ったお小遣いでエステやネイルで自分磨き。

 

元上司であった彼とお付き合いしていた頃は、お小遣いをもらっていたので、少し自分磨きにお金を使いました。

エステに行ったこともありますし、少し高めの化粧品を使っていました。

いつも「綺麗だよ」と言ってくれていたので、その言葉に甘えて必死に自分磨きをしたことはありません。

 

いっときネイルサロンにハマってジェルネイルをするのが、とても楽しみでした。

彼も綺麗なツメが好きだと言っていました。ツメが綺麗だと、気分が圧倒的に違いました。

自分がいい女になったような気がしました。

 

綺麗なツメで、彼のモノを触っていると、自分の方が興奮していました。

足の指のツメにもネイルを施して、本当に気分が良かったです。

今はジェルネイルなんてしないので、やっぱりその時は自分なりに自分磨きをしていたのだと思います。

 

ド変態な彼はTバックから毛がはみ出たアンダーヘアがお好き。

 

Vラインはお手入れ済みですが、その他は自然のままでした。

彼が「毛が多い方がそそる」と言っていたので、気にしていませんでしたが、今はもっとちゃんとお手入れしたいと思っています。

彼からお小遣いをもらっているうちに、お手入れしておけば良かったです。

 

ティーバックから毛がはみ出していて恥ずかしかったのですが、「俺は変態だからそっちの方がいいんだ」と言っていました。

パイパンの子を見ても、ちっとも良いと思わないと言っていました。

 

顔は写さないからと、ケータイでティーバックの部分だけ写真を撮られそうになったことがありますが、断りました。

家でひとりで眺めたいと言っていたので、「本当に変態なんだ」と思ってしまいました。

私の脱いだティーバックを被って匂いを嗅ぐこともありました。匂いフェチなんだと言っていました。

 

男性から実際にプレゼントされたランジェリー

こんな種類のエッチなランジェリーをいくつもプレゼントされました。

そして、これらの下着を着用してSEXしました。

 

 

 

奥さんとはレスじゃないけど、非日常的なセックスを愛人に求める彼

 

彼の場合は奥様とは兄弟みたいでもう家族なので、普通のセックスしかできないそうです。

オトナのオモチャを使ったり、セクシーなランジェリーを着させたり、恥ずかしい言葉を言わせたり、野外でセックスしたり、非日常的なセックスを奥様以外の女性に求めているのだと思います。

奥様にはさせられないようなハシタナイことをさせて、喜んでいるのでしょう。

奥様とそういうセックスをすれば、毎日が刺激的でより夫婦仲が良くなりそうなのに、そういう訳にはいかないようです。

動画や画像を撮りたがっていたのも、非日常的な刺激を求めてのことだと思います。

 

お金に余裕があるので、そういう女遊びを楽しむことができるんですね。

お金のない男性にはとてもできないことでしょう。

 

でも、彼は奥様とセックスレスではないようでした。月に1〜2回はセックスをしていました。

特に奥様は生理前になると、必ず求めてくるのでそれに応じるそうです。

色々聞きだすと奥様とのセックスの話をしてくれるので、聞くのがすごく楽しかったです。

私にとって奥様はヤキモチを妬く対象ではないので、他人の家のセックス事情を聞いては密かに興奮していました。

若い頃、今より激しくセックスをしていた頃に、奥様の手を縛ってバックから突きまくっていたら、突然奥様がガクガクっとなって失神させたことがあるそうです。

そんな、激しいセックスをしていたのに、お子さんが生まれてからはパパとママになってしまったそうです。

 

既婚者の男性を引き寄せてしまう私が悪いのかしら…

 

私は相当の美人ではありませんが、子どもができてからも街中でナンパされたことが3回ありました。

ですが、付いて行ったりしたことはありません。

既婚の男性には、若い頃からよく誘われていました。

体の関係を持った人も何人かいましたが、その頃は「自分がモテるのだ」と勘違いしていました。

今思うとモテるのではなく、簡単に誘えば付いて来る子だと思われていただけです。

そういう自分を今は、恥ずかしく思っています。

本気で付き合おうと思ってくれている男性は、そんな風に誘ってきたりしないはずです。

昔、結婚しているのに私のことを本気で好きになってしまったと言う会社の先輩がいました。

私はその人のことを友人として大切に思っていたので、何度もセックスに誘われたけれど、10年間断り続けました。

その間、先輩は離婚することもなく、結局出会って10年目に不倫のセックスをしました。

先輩は、長年の夢が叶ったと喜んでいましたが、こんなに感じないセックスをしたのは初めてでした。

先輩との友人としての10年は何だったのだろうと、とても虚しくなりました。そんな思い出しかありません。

 

お金と性欲が満たされて、不倫から抜け出せない

 

シングルマザーはお金がないので、セックスの度にお金がもらえたことは楽してお金が稼げたようで、最初は割り切っていれば良いと思うようにしていました。

月に3回セックスすれば、9万円になりました。

子どもたちの服を買ったり、美味しい物を食べに行ったりしました。

もらったお金は貯めずに使い切るようにしていました。
汚いお金なので、貯めてもロクなことにならないと思っていたからです。

後は、自分磨きのためにエステやネイルサロンに行ったり、少し高い化粧品を使っていました。

金銭的には潤いましたが、精神衛生上はあまり良くなかったと思います。

なので、メリットを感じたことはありません。こんなことは長く続けるべきではないと思っていました。

まともに付き合える独身男性に早く出会いたいと思っていました。

出会うためには、彼との関係を清算しないといけないのに、やっぱりお金が欲しいのとセックスで体も満たされるので関係を続けてしまいました。

 

何だかんだ言って「体の相性」は重要

 

体の相性は努力ではなかなか変えられるものではないと思いますが、お相手の男性が何を望んでいるのかを知ることが大切だと思います。

女性にもセックスにおいて、したくないことやされたくないことがあると思いますが、お相手の男性に歩み寄ることも必要になってくる場合があります。

ただ、本当に体の相性がいい男性にめぐりあったら、女性も自分のセックスが下手だなんて思うことはないと思います。

セックスの相性が悪いお相手とは、そもそも呼吸やテンポ、リズムが合わないのでしょう。

そのために、なんだか一生懸命セックスをしないといけなかったり、タイミングが合わずチグハグしてしまうのだと思います。

そういうお相手とは、例えパパ活であっても、愛人関係であっても長続きしないのではないでしょうか。

 

アラサー女子やシンママがパパ活するなら、年齢層の高い男性を狙って

 

私はたまたま元上司の彼と出会い、そういう関係になったことでお金をもらうようになりました。

彼が私にお金を払った理由は、この関係を誰にもバラされたくなかったこと、私に「奥さんと別れて」などと言わせないためでした。

最初からから手切れ金をもらっていたようなものです。

 

もしも、本当にお手当てありの愛人が欲しいなら、年上のお金持ち男性を狙うのが良いでしょう。

「パパと出会えるサイト」を見てみるのも良いかもしれません。

 

でも、パパ活ができるのは10代、20代の若い子ですから、子持ちのシングルマザーには少しハードルが高いかもしれません。

なので、なるべく「年上の男性」を狙うのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です