ドラマ「パパ活」第4話のあらすじ&ネタバレ!

ドラマ「パパ活」 第4話 あらすじは?

 

杏里が航と電話で会話をするところから始まる。敬語ではなくなって、ぐっと距離が近くなったようだ。

そんな時、突然マンションに航の妻が訪ねてきた。

『教え子でたまたま留守番を』と苦し紛れの嘘をつくが、探偵の調査済みで頻繁に出入りしていることはあっさりバレてしまった。

 

 

妻は娘を亡くし数年後『いつまでもくよくよせず子供を作りましょう』と言った時の話をした。

その時、航はデリカシーがないとゾッとするような冷たい目をしたという。

その時から夫婦の歯車は狂いだしたようだ。

娘の事故は航を迎えに行くために高速を走っていて起きた。妻は航に憎まれても仕方がないと思っている。娘ではなく私が死ねば良かったと思っているだろうと…。

 

次の日、妻と鉢合わせしたことを含め、航が杏里のパパであると友達に話す。

すると、その一人が何か良いことを思い付いつく。そのアイディアとは…

 

夜、航と妻が自宅で食事をしている。噛み合わない会話にイライラし『彼女と寝てないのね。』『それなら何をしているの?』『若い子とくだらない浮気でもしてくれたら良かったのに!』と感情的に出ていってしまう。

 

 

しばらくして、航のもとに杏里から電話が。

どうやら飲み会をして、友達とどんちゃん騒ぎを楽しんでいる様子。一方的に電話が切れ、航は呆れ顔だ。

 

そんな航の困惑した表情にも関心を寄せない杏里は、次の日授業中居眠り…

そんな態度はよくないと航に咎めらえっると『ウザイ。うるさい。もう良いですか?無くしたものを取り返そうとして他の大事なものも無くそうとしていませんか?ママが可哀想』と言い残し去っていく。

 

シーンは変わって航と妻、航の親友の男性がレストランで食事をする場面に。

和やかな雰囲気の食事会だが、ワインの酔いが回った妻が思わず「航の親友と男女の関係である」と暴露する。

 

 

 

それを聞いた航は「そっか。」と冷たくあしらう。

それを聞いた妻は『もう限界なの…』と泣いてしまう。

 

1人残された航は、杏里に電話を掛けるが留守電になる。マンションに帰ると大勢の若者が大音量でパーティーを楽しんでいた。

 

ちょっと来なさいと外に連れ出すと、杏里は酷い言葉をたくさん浴びせ、最後に『お前が死ねって感じ!』とまで言ってしまう…。

 

ドラマ 「パパ活」 第4話を見た感想!(ネタバレあり!)

 

あぁ…航、踏んだり蹴ったりで可哀想になってきた…。

せっかく杏里に理解してもらえてスムーズなパパ活スタートと思ったのに。奥さんの言葉は影響力大ってことか。

奥さんも苦しいのは分かるけど自分のことでいっぱいいっぱいなんだね。

 

友達の『良いアイディア』も何がしたいかよく分からないわ。

多分理想の娘像とは違う娘を演出し、過去から時間を進めようとしたいのだろうけど。

それにしたって杏里は言い過ぎでしょ!

10年分を一気に言われたらキャパオーバーだよ!

 

『死ねば』はまさに最後の一撃。

 

フラフラと歩いていった航が心配でなりません…。

 

⇒ パパ活のコツ・テクニックを見る

 

ドラマ「パパ活」と実際のパパ活の違いはココだ!

 

最後のシーンは本当に見てて辛かったなぁ…( ノД`)シクシク…

マシンガンのごとく航の心に刺さるような言葉を浴びせてましたね。

 

『良いとこしか知らないんだもんね。10歳で死んだから。』と言い放った時はひぃ~っ!と息を飲みました。

 

たとえ杏里の言うように『パパはナルシストで自分が好き。だから他人を愛せない。ママのことだって…』と言うのが事実であっても、ついこの間娘になった杏里が言うべきではなかったよね(>_<)。

 

所詮と言ってしまったら元も子もないけど、パパ活の関係は『リアル』に近付けたとしても完全にはなれないのだから。

実際のパパ活では、節度や距離感を守った付き合いが大切であることは肝に銘じて。

パパだって人間。踏み込んで欲しくないプライベートがあるはずだら。

 

第4話の見どころは、パパの奥さんとのあり得ない「修羅場」設定

 

まず第一に言いたいことは、パパのマンションに人が訪ねてきても普通は出ないでしょっ!

インターフォンのモニターに女性が映っていたならなおさらNG!

奥さんかもしれないし、パパが女の子を掛け持ちしているかもしれない。

 

ドア開けていきなり刺されたらどうするのー?!( `ー´)ノ

 

それくらいパパ活は危機管理を持ってやらなきゃいけないってこと。(杏里のような契約の場合は特にね)

今回、パパの奥さんと対面して、お茶を飲みつつ冷静な会話ができたけど、現実はそんな生易しいものじゃありませんからーっ!

 

『修羅場』を覚悟しておいた方が賢明です。

 

女って感情で動く生き物だから、いくらパパ活は体の関係もないので愛人や不倫とは違います!って言ったって『そうですか』って納得する奥さんはいないと思うよ。

 

リアルなパパ活では男性を立ててあげるのがお約束。

 

私がパパ活をしていた時は、お互い既婚者ということもあり、奥さんと鉢合わせしないようにパパによくお願いしていました。

恋愛感情は無かったし、パパもほどほどに私との関係を楽しみ、家庭を壊す気は全くなかったので、証拠隠滅を徹底しました。

 

また、ドラマの中で杏里は航に対し酷い言葉を浴びせてましたが…

うーん?若さゆえなのかなぁ?

私とパパは杏里と航ほど年が離れていなかったし、私もいい大人だったので、感情的にものを言うことはありませんでした。

 

ただあんまり『大人の女性感』を出してしまうと、娘として可愛いげがないので、適度に甘えたりするのがいいと思うなあ。

 

「それ知ってる!」ってことも、あたかも初めて知った!とリアクションしてみたり(笑)

 

パパになりたい男性は優越感に浸らせてあげると気持ちが良いみたい(*^-^*)

 

「さすが私のパパだね!」と誉めれば悪い気はしないはずでしょ?

 

パパ活では感情に任せて発言すると取返しのつかないことに

 

気を引きたくて反発的な言葉を言いたくなる気持ちは分からなくもないけど、良い結果になることは少ないかも…。

相当器の大きいパパじゃないと一発アウトの可能性も!

ドラマに出てきた「ウザイ」や「死ね」…は、どう考えてもNGワードね。

 

 

私がリアルでパパ活してた時は「私のこと大事!!!???」って、泣きそうになりながら聞いたことはあったなぁ~。

 

今考えると契約を切らないでーって必死だったし。(苦笑)

大切な収入源が絶たれたら大変だもん!

 

でも結局は「私のこと大事?」と聞いた頃からパパも重いと感じ始めたのでしょう。

良好な関係には戻れず、そのままお別れしてしまいました(T_T)/~~~

 

パパの奥さんにはバレないように気を付けて

 

パパ活してたとき、私は奥さんと鉢合わせにならないように気を付けていたので、修羅場にならずに済みました。

でも、私の友達でパパ活してた子が、奥さんにバレてしまったんだよねΣ(゚Д゚)

 

なんと、パパの奥さんが携帯を勝手に見てパパ活してたことが発覚!

 

パパが『これは肉体関係もない、プラトニックな関係で、パパ活と言うんだ!』と必死に説明したそうですが、奥さんにしてみたら意味不明だし、理解不能よね。

 

とにかく、3人で話しましょうということになり、友達も家に呼ばれたんだとか。

最初こそ冷静に話していた奥さんでしたが、プラトニックな関係の一点張りに『そんなはずないでしょ!?』とヒートアップ (゚ロ゚;ノ)ヒィィィィィ

 

女の子は、殴られるのでは…とヒヤヒヤしたそうです。

 

結局、パパにも非はあると慰謝料などは請求されず、『金輪際、連絡は一切とらない』と一筆書かされたらしいです。

その後、奥さんとパパがどうなったかは不明…。

恐ろしや~ ((;゚Д゚)オレシラナイ.

みんなも気をつけるんだよ~!

 

ドラマ 「パパ活」 第4話まとめ

 

パパ活が始まり「ルンルンしていた2人はどこにいったんだー!」
と言いたくなる怒濤の展開で幕を閉じた第4話。

和やかな雰囲気が一瞬で終わってしまいました。

 

航と杏里の関係箱のまま終わってしまうの?

復活するならどんな方法で?

奥さんはまた接触してくるのでしょうか…怖い…。

 

ドロドロ好きには堪らない!

次回、第5話をお楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です