【徹底検証】既婚者・主婦・シンママでもパパ活はできる?

1. 既婚者・シンママでもパパ活できる?

 

既婚者や主婦、シングルマザーでもパパ活はできるの?という疑問を抱く女性もいるでしょう。

 

この疑問に対する答えはズバリ「できます!」。

 

なぜなら、女性にはいくつになっても「女としての価値」があるからです!!

 

大抵の人が『パパ活』と聞いて真っ先にイメージするのは「大学生や20代くらいの若い女性がするものでしょ?」という事かもしれません。

 

私は結婚していて主婦だし…とか、シンママだから無理だろう…と、独身でなければパパ活できないと思い込んで、最初から諦めてしまってはいませんか?

 

もし、あなたがそんな事を思っているならすごくもったいないです!

 

結婚したら女として終わり?
子供を育てているからパパの目に留まらない?

 

いえいえ、そんなことはありません。

むしろ、その逆だったりするんです。

 

 

パパになりたい男性の中には、純粋に頑張る女性を応援したい願望の人がいます…。

ですので、パパのターゲットを戦略的に絞れば、主婦やシンママを応援してくれる人が見つかるので、逆にチャンスだったりします。

 

 

プロフィールやパパとのやり取りで、既婚者やシンママであることを伝えておきましょう。

あなたの置かれている立場や状況に共感してくれたり、既婚者の女性を探しているパパなら、互いの条件が合致するので、女子大生や未婚の女性とは違った、「あなたらしいスタイル」でパパ活をすることができるようになります。

 

離婚歴があるシングルの男性とシングルマザーの女性という組み合わせも案外多いのです!

 

ただし、もしあなたが既婚者であるのなら、絶対に旦那さんにバレるわけにはいきません。

パパとの関係が漏れないような対策はしっかり立てておきましょう。

 

シンママであっても、あくまで「パパと娘」という関係でいたいなら、線引きは重要です。

お互いに家庭を持っているわけですから、「これ以上は、お互いに踏み込んではいけない」という境界線を張っておかないと、双方が不幸になってしまいます。

 

どちらか一方だけが「本気の恋愛」(ガチ恋)になっても、後々面倒な事になってしまい、泥沼化するのは必死(>_<)

それだけは、避けたいですよね。

 

 

また、女性がシンママである場合、「シングル」という弱味に漬け込んでくるパパもいるかもしれません。

お金大変でしょ?
男手が必要なんじゃない?
子供に可哀想な思いをさせたくないよね?

しつこく付きまとわれ、ストーカーにでもなられたら大変!

 

パパと契約を結ぶときは、あなたから希望や条件をはっきりと伝えておくべきだし、付き合いが長くなってきても『これ以上はやめて』と態度で示す必要があります。

 

ですから、既婚シンママが良好なパパとの関係を築くには、互いに適度な距離感を保つことが重要です。

 

 

これらを総合的にを踏まえると既婚者や主婦、シングルマザーでもパパ活は十分できます。

 

そして、既婚者やシングルマザーがパパ活で男性と良好な関係を築くためには、パパ活における明確な条件を提示し、互いの家庭を壊さないためのルールを決めて、厳守することが大前提になります。

 

このあたりは追々詳しく説明していきますが、とにかく「既婚者やシングルマザーでも余裕でパパ活ができる!」という事は覚えておいて下さいね。

 

ここから先は、既婚者や主婦、シングルマザーのパパ活初心者さんがどのようにして理想のパパを見つけ、リスクを減らしながら上手にお小遣いを稼いで、充実した「パパ活ライフ」を送るかについて詳しく説明していきますね!

 

 

2. 既婚女性がパパ活する理由

 

既婚女性でも密かにパパ活しているよっていう人…実は結構います。

既婚女性がパパ活をするその理由はズバリ…『金銭的援助』です!

 

既婚者やシングルマザーの女性なら、誰しも『あと2・3万あったら良いのに』と思うもの。

2・3万自由になるお金が増えれば、生活の足しにもなるし、ちょっとリッチなランチに行けるし、いざという時のヘソクリにもなるし…良いことずくめです!

 

 

パパ活の本来の定義は下記です。

肉体関係を伴わず、食事や買い物デートをすることで男性から経済的な支援を受ける事

 

人によっては、パパ活で「愛人」のようなお付き合いをしている人もいますが、基本的にはパパ活で男女の関係にはなりません。(パパと娘の設定ですからね)

ですから、パパ活の本来の意味に立ち返ると「体の関係になりたくない」というのは、ごもっともな意見です。

 

 

『援助交際』『愛人契約』といった体の関係ありきではなく、食事のみでもOKなのがパパ活の最大メリットです。

そうやって考えてみると、気の合う男性とお食事や買い物に行くだけでけお金が貰えるのですから、主婦やシングルマザーにとって、パパ活は短時間で効率的なお小遣い稼ぎができる手段と言えます。

 

 

パパと1-2時間食事をするだけで、2-3万円もらえたら家計の足しになって有り難いですよね。

自分では行けないようなレストランで美味しいご飯をごちそうになり、お小遣いを貰えるのですから、肉体的にも精神的にも負担になりません。

 

いつもよりワンランク上のレストランに連れていってもらえたら、日常では味わえない体験ができて、気分もリッチなります。

 

自分ひとりでは行けないような会員制のクラブやバー、高級ホテルにエステ、買い物や外国車での送迎なんかも、パパ活だからこそ実現できる事なのですね。

 

こうしたパパ活によって心に余裕ができるので、いつも以上に旦那や子供に優しく接することができるという女性も数多くいます。

 

がむしゃらに日々を生きてきた自分の生活にも目を向けることができるので、着るものや食べるものに注意するようになってお洒落になったり、食の楽しみを覚えたり、美術館や映画館などのトレンドを発信する場所に出かけるようにもなります。

 

人によっては、季節の移り変わりを自覚し、子供の送り迎えで終わっていた近所の光景が全く違うものに見える人もいるそうです。

そのくらい、主婦やシンママはパパ活によって強い影響力を受けるのです!

 

それに、既婚女性やシンママの中には、旦那とうまくいっていなくて、さびしい心の隙間を埋めたくて始める人もいます。

専業主婦で社会との繋がりがなく、話し相手が欲しいと始める人もいるでしょう。

 

金銭的なものなのか、精神的なものなのか、パパに何を求めるかは人それぞれです。

 

 

男性の方も、同じような気持ちで女性を探している場合があります。

快楽を求めて女性を探しているのではなく、純粋に女性と食事をして家庭や会社では得られない癒しの時間を求めている男性も多いです。

 

あなたと同じような考えを持っている男性を見つけることができれば、パパ活が息抜きになるし、お小遣いが貰えて生活にちょっぴり余裕ができて、「女性」としての自分を取り戻すことができるようになります。

 

3. 既婚女性やシンママはどうやってパパを見つければいいの?

 

主婦はシングルマザーの女性がいざパパ活を始めようと思った時、どうやってパパと知り合えば良いのでしょう?

独身で時間のある女性なら「デートクラブ」や「交際クラブ」に登録してパパを紹介して貰うことができます。

 

しかし、既婚者の女性やシンママの女性では、自分の時間が十分に取れないため、そうしたデートクラブに出向いて登録する時間を確保するのは難しいです。

また、地方に住んでいる女性がこうしたクラブに登録するためには、東京や大阪、名古屋などの大都市に行かなくてはいけません。

女性は交際クラブに無料登録できるとは言え、クラブへの登録と写真撮影のためにわざわざ都会に出かけるのは無理だという人がほとんどでしょう。

 

既婚者や主婦、シングルマザーの女性がパパを探すのに、もっとも手軽ですぐに結果が出やすいのは「出会い系サイト」です。

 

「出会い系サイト」なら、スマホひとつあれば簡単に「パパ探し」を始めることができます。

 

インターネットを使って、女性がパパを探すメリットは下記の5つ。

  1. いつでも、どこでもパパ探しができて便利
  2. 登録からメールのやり取りまで全て無料
  3. 男性から直接メールが届くのでスピーディー
  4. 大手企業が運営している出会い系サイトなら安心
  5. 気に入らない男性がいたらブロックしたり、サイトを退会できる

 

このように簡単で便利、女性会員は全ての機能がタダで使えて、パパからのオファーもすぐに分かります。

出会い系サイトの中には、会員数が1,000万人以上いるサービスもあり、サクラや業者を排除している企業があります。

 

パパ活を初めたいパパ活初心者へ!パパ活オススメサイトを紹介!

 

「出会い系サイト」では、自分のプロフィールを書く際に、写真を載せるようになっていますが、自分が希望しない場合は写真は無理に載せなくても問題ありません。

この男性なら今後の発展があるかも!と思ったら、個人的に見せれば大丈夫。

 

 

それに、男性と実際に会うまでメールで何どもやり取りをすることができます。

男性の性格や誠実さ、女性に求めているものなどを見極めて、お互いに合意に達してから会うのが賢明です。

 

 

ただし出会い系サイトで気を付けたいのは、サイトの安全性です。いまや出会い系サイトはたくさんありすぎて、どのサイトを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

詐欺に誘導するような悪徳サイトに引っ掛からないためにも、人気サイトのランキングを調べるなど、リサーチをして登録しましょう。

 

もし身近な人でパパ活をしている人がいれば、パパを紹介してもらうのもひとつの方法です。

紹介であればビックリするほど変な人はいないはず(笑)

 

それにパパ活友達がいた方が、アリバイ作りをするときに便利!『◯◯ちゃんと温泉に行くの』と言ってお泊まりもできちゃいます。WデートならぬWお泊まりなら、証拠の写真も撮れちゃいますね。

 

 

でも、パパを紹介して貰えるような友達なんて、滅多にいないものです。

ですので、やはり主婦やシンママの人はインターネットを使ってパパを探すのが最も効率的です!

5分もあれば登録は完了してしまいます。女性なら利用料は一切かからないので、気軽にトライしてみて下さいね(^^)

 

パパ活を初めたいパパ活初心者へ!パパ活オススメサイトを紹介!

 

 

4. パパ活をする際にはできるだけリスクを回避して

 

金銭的援助や精神的安定などパパ活をすることで得られるメリットがある反面、既婚者ならではのリスクもあります。

 

そのリスクは大きく分けて2つあります。

 

まず一つ目は、パパになった男性に『旦那がいる』『子供がいる』という事実に付けこまれる事です。

 

食事のみの契約だったはずなのに、『旦那にバラすぞ』『近所にバラすぞ』『家族にバラすぞ』と脅され、体の関係を強要されるかもしれません。

体の関係を持ったのに、バラさない代わりにお金は払われない…なんてこともあるかもしれませんね。

 

こういう状況は絶対に避けたいものです!

 

既婚者やシングルマザーの女性がパパ活中に脅されない対策としては、必要以上に個人情報を明かさないことが重要です。

住んでる場所はもちろん、職場や本名を教えることも最初は注意した方が賢明でしょう。

名前を男性に伝える場合、信頼関係が構築できるまでは、下の名前だけ教えたり、偽名を使うのが良いです。

 

 

男性と連絡を取り合う時にも、フリーアドレスやLINEのサブアカを使ったりして、トラブルに巻き込まれそうになったら、すぐに男性をブロックしたり、連絡を絶てる手段にしておくのがベスト。

最初のうちは、自分の身元がバレないような工夫が必要です。

 

 

男性と長くお付き合いするようになってくると、男性の方も会社の事や家族の事など、プライベートについて話してくれる場合があります。

そうしたコミュニケーションを通じて「この男性なら信頼できるな」と思ったタイミングで、自分のことを徐々に打ち明けるようにした方が安全ですね。

 

 

既婚者がパパ活する際のもう一つのリスクは、旦那さんや家族にバレてしまう事です。

 

既婚女性の場合、旦那にパパ活している事がバレてしまったら、離婚になる可能性は十分考えられます。

いくら「体の関係はない!」と夫に説明したところで、「食事だけで終わるわけないだろう!」と思われても仕方ないですからね。

パパ・旦那と両方に抜かりなく対策を練りましょう。

 

旦那や家族にバレずにパパ活を成功させるコツは後ほど詳しく説明します。
ここで中断せずに、最後まで読んでみて下さいね!

 

 

5. 不倫関係にならずにパパ活するには「○○○がOKのパパ」を探す

 

お小遣いは欲しいけど、体の関係までは持ちたくないな…と思う既婚女性は多いはず。

独身女性と違って、パパと不倫関係になれば法に触れることになります。

そして、離婚裁判になれば百万単位の慰謝料を請求される可能性もあります。

 

お小遣い稼ぎのためにパパ活を始めたのに、高額な慰謝料を請求されたら本末転倒です!

 

 

こうした事態を避けるために、肝心なのは男性に対して「パパ活においてあなたがどんな事を求めているのか」をはっきりと書く事が重要。

 

出会い系サイトでパパを探す時には、あなたのプロフィールに『食事のみでOK』のパパを探していること明確に記して下さいね。

 

最初から「食事のみ」なんて書いたら、誰も相手にしてくれないのでは…?と思うかもしれませんが、意外とそうでもないんです。

 

過去に出会い系サイトでパパを探していた時は、『こちらも既婚なので、楽しく話せればそれだけでOK』と言う人や、『いきなりLINEとかは聞かないよ。サイト内のメッセージ(サイメ)でやりとりしよう』と言う人もいました。

 

男性だからといって皆が皆、「セックス目的」ではないってことが分かりました(笑)

純粋にお食事やショッピングの相手を探していて、二人で楽しみたいというニーズを持っている男性は多いのです。

 

仮に、あなたは男女の関係は希望していないのに、付き合いが長くなっていくうちにパパが下心を見せてきたら、こちらにその気がないことをはっきり伝えましょう。

遠回しに断っていると『押せばいける?』とパパを勘違いさせてしまうので…。それでもしつこく誘ってくるようなら、残念ながらその男性とはお別れする事をオススメします。

 

そのパパとはご縁がなかったという事で潔く諦め、気持ちを切り替えて新規パパを探して下さい(`・ω・´)キリッ

せっかく出会い系サイトで知り合った男性を切ってしまうのは心惜しいと感じてしまうかもしれませんが未練は不要です!

古い人との縁を切ることで、新しいご縁が舞い込んできますよ♡

 

 

6. 出会い系サイトで理想のパパをどうやって見つける?

 

既婚者や主婦の女性がパパ活で求めているのは、多くの場合「食事や買い物デート」を楽しむ関係でしょう。

(もし、既婚やシングルマザーで肉体関係を持ってもいいのなら、自己責任でやって下さいね)

 

 

出会い系サイトでパパを探すには、あなたが求めるもののと、パパが求めるものが一致することが大切です。

 

つまり、「体の関係が目的ではないパパ」を探すのがパパ活成功のキーポイントになります。

 

 

では、SEXを求めていないパパが求めているものってなんでしょう?

  • 妻とうまくいっていなくて家庭に居場所がなく、癒しを求めている人。
  • 楽しく食事やお茶をしながら女性と話して活力にしたい人。
  • 主婦でありながら夢を持っていたりシンママで頑張っている人を応援したい人

…と様々です。

 

 

プロフィールに「食事のみ」と載せていれば、明らかにセックスあり希望の男性はアプローチしてきません。

 

 

しかし、出会い系サイトでは、女性のプロフィールをろくに見ずに、コピペ文章で手当たり次第連絡してくる男性もいます。

そんなメールは無視するか、最初に『こちらは食事や買い物デートのみのパパを探していますが大丈夫ですか?』と確認してみましょう。

 

出会い系サイトでは、男性から女性にメールを送っても、返信を貰えない事が多いです。

ですから、男性は「数打ちゃ当たる」的に、取り敢えず大量のコピペメールを不特定多数の女性にメールする場合があります。

 

そうした状況で、あなたからの返信が貰えれば、そこから具体的な条件交渉の話し合いをしてくれる男性もいるかもしれません。

最初は「少し怪しいな」という文面であっても、何度かやり取りしてみるのもアリです。

何度かやり取りしてみて、それでもダメなようなら、男性とのやり取りを止めたり、削除したり、ブロックしたりすることも可能です。

 

7. 既婚女性がパパ活する際の相場は?

 

既婚女性やシングルマザーが食事のみのパパ活をする場合の相場はいくらでしょうか。

 

住んでいる地域やデートの拘束時間、パパとのお付き合いの長さにもよります。

食事デートのみなら5千円から3万円くらいが一般的な相場です。

 

もちろん、中には数時間の食事だけで10万円以上貰っている女性もいます。

食事だけして2,3万円という金額を妥当と思うか、もう少し欲しいと思うかは人それぞれですが、お小遣いの額は交渉次第で上げられることもあるので、テクニックを磨いていきましょう!

 

現金にこだわりすぎず、プレゼントおねだり作戦も良いですね。

 

おねだり上手になって少しずつ理想のパパに育てていくのもパパ活の醍醐味です。

 

パパが言われて嬉しいことや、されて嬉しいことが分かるようになると「理想のパパを育てる近道」になります。

出会い系サイトで「太パパ」を見極める30のポイント

 

 

8.パパ活するためにどうやって時間を捻出すべき?

 

既婚女性やシングルマザーの女性がパパ活をするには、デートのために時間を作る必要があります。

 

あなたが日中仕事をしているなら、パパと会う時間はとれませんから、仕事終わりや休日に会える時間を確保したいですよね。

 

もし、あなたが共働きなのだとしたら、残業やミーティング、接待、休日出勤といった「口実」を作りやすいというメリットがあります。

旦那も『仕事の接待』や『休日出勤』と言われたら、仕事なら仕方ないかと思ってくれますから。

 

あなたが主婦なのであれば、「平日の昼間に会ってくれるパパ」を探すようにしましょう。

30-40代の男性で平日の昼間に会ってくれる人はなかなかいないかもしれませんが、平日が休みの仕事をしている人は数多くいます。

 

医師、歯科医師、美容師、販売員、不動産、飲食店など…は、平日に定休日を設けることが多いです。

さらに、経営者の男性や仕事をリタイヤした50-60代の男性なら、自分のスケジュールは自分で管理しやすいので、平日の昼間に会ってくれます。

 

出会い系サイトで理想のパパを探す際に、「食事のみのお付き合い」と合わせて、「平日昼間に会って頂ける男性」という条件も忘れずに書いておくようにしましょう。

 

他にも、あなたの指定した場所まで来てくれる(自宅や旦那の会社の近くでは会わない)、夜○時までに帰らせてくれる等の条件も伝えて見て下さい。

あなたの都合に合わせて時間を作ってくれるパパがいれば、いう事なしですね!

 

8. パパ活はアラサー・アラフォーでもイケる!

 

ここまで記事を読んでみて、「パパ活=大学生や20代の若い女性がやるもの」というイメージは薄くなってきましたか?

そんな固定概念を抱いていたのなら、是非そのイメージを払拭させて下さいね!

 

30代・40代は勿論のこと、50代の女性だってパパ活は余裕でできますよ(#^.^#)

パパとなる男性は、主に30代から50代の方が多いですが、全員が20代前半の若い女性を探しているとは限りません。

 

むしろ、同年代や年上の女性とお付き合いしたいと考えている人も多いのです。

その背景として、「若すぎる子はちょっと苦手だし、話していて疲れる」と感じるパパもいるからです。

 

パパ活の主役はあくまでも男性であり、スポンサーとなってくれるのもパパであるはずなのに、お金を払っているパパの方が女性に「気疲れ」しちゃうんです。

 

女性が自分よりも明らかに若すぎると、連れて歩く時に周りから「援助交際?」と思われるのが嫌だと考えるパパもいます。

 

パパの中には、30代くらいのちょっと落ち着いた女性が良いと思う人もいるし、40代でバリバリ働いているキャリアウーマンタイプの女性の方が、話が合うと思う人もいます。

 

たとえ、50代の女性でも、パパの年齢が50代後半から60代後半なら、パパ活のお相手として十分なニーズがあります。

 

出会い系サイトに登録し、男性のプロフィールを見て貰えれば分かりますが、40代~60代の男性で「同年代の女性と楽しいひとときを過ごしたいと思っています。

 

若い子は話が合わなくて苦手なので、同い年位の人を希望します。」とハッキリ書いている事も多いです。

★プロフアップ

 

 

女子大生のように若くないけど大丈夫かなと要らぬ心配をしたり、無理して若作りしなくても大丈夫!

あなたと同じ年代の女性を探しているパパは大勢いますから、ありのままの自分で勝負してみて下さいね!

 

 

余談ですが、既婚者であることを隠して「独身女性」としてパパを探すのもありです。
お互いに深くプライベートに踏み込まない関係なら、パパと会っている時だけ「独身」であることを貫き通せば問題ありません。

 

しかし、独身であるとウソをつく場合は、アリバイ作りや生活感を出さないなどの工夫が必要であることは言うまでもありません。

 

また、パパとデートしている所を旦那さんや知り合いに見られないようにする必要があります。

パパとの会話でも、うっかり旦那さんの事やママ友の事などを口走ってしまわないように、注意することも必須。

 

万が一、あなたの夫にバレてしまった場合、あなたのことを「独身女性」と思っていたパパにも大きな迷惑がかかります。

既婚女性が「独身女性」と偽ってパパ活する際には、自己責任で行って下さいね。

 

9. 夫や家族にパパ活がバレるのを回避するには?

 

これまで再三繰り返してきましたが、既婚女性がパパ活の際に一番気を付けなければいけないのは「旦那や家族にバレないようにすること」です。

 

既婚者でパパ活している女性たちは、一体どんな工夫をしているのでしょう?
ここでは、今すぐにマネできる方法をいくつかご紹介します。

① 違う名前で登録する

パパの電話番号やメールアドレスを電話帳やスマホアプリに登録する場合、女性の名前や会社の名前で登録します。
こうすることで、隣に家族がいても、パパから着信があったことはバレずに済みます。

 

② 電話はせずに、メールだけで連絡を取り合う

家族と一緒にいる時に、急にパパから着信が鳴ったらゾッとするはずです。
旦那さんがいる前でパパからの電話に応答する訳にも行きませんが、かと言って、電話に出ないのも非常に不自然です。

パパとの連絡手段は、メールやチャットだけにするようにしましょう。

 

③ 旦那とは違うアプリを使ってパパと連絡を取り合う

旦那さんとの連絡手段としてLINEを使っているなら、パパとはカカオやViber・フリーメールを使いましょう。

パパに送るはずのメッセージを、誤って旦那に送らないようにするためです。

旦那とパパが同じタイミングで連絡してきたり、ボーっとしながらメールを打っていたりすると危険!誰しも違う相手に間違ってメッセージを送ってしまったって経験、一度はあるのでは…。

mixiやFacebook、Skypeのようなメッセージ機能があるSNSを使って連絡を取るのもありです。

 

④ 着信音とバイブはオフに。アイコンは非表示に。

LINEやViberなどを使って連絡する場合、着信音はOFFにしてサイレント状態にします。
バイブに設定しておくとメール受信があるたびに「ブーブー」音がして響きます。

今まで携帯に連絡がなかったのに、突然メールの受信が増えてきたら、いくら鈍感な旦那さんでも「おかしいな?」と思うでしょう。

スマホの着信音とバイブ設定は、日中にあなたが1人で自宅にいる時だけONにしておきましょう。

 

また、「送信者とメッセージが表示される」通知設定もオフにしておくのが鉄則です。

旦那さんと自分のスマホやパソコンの画面を見ている時に、パパからのチャット内容がポップアップ表示されたら一巻の終わりです(+o+)

そして、アプリのアイコンを非表示にすることも忘れずに!

スマホの画面に「ワクワクメール」とか「シュガーダディ―」のアイコンが出ていると、思わぬ拍子に家族に見られてしまいます。

 

既婚者がパパ活するのに管理は色々と面倒ですが、日頃から細心の注意を払っておけば、旦那にバレるのも防げます。(`・ω・´)キリッ

ここまでする?と思うかもしれませんが、既婚者の女性がパパ活するのであれば、念には念を入れましょう!

 

⑤ PCで「出会い系サイト」にアクセスするなら違うブラウザを使用する

既婚女性やシングルマザーが「パパ探し」するなら、インターネットの「出会い系サイト」が最も便利です。

スマホ以外に、自宅のパソコンから「出会い系サイト」にアクセスする人も多いでしょう。

パパとメールのやり取りをする際には、スマホよりもパソコンのキーボードを使った方が便利だという人も多いでしょう。

 

このとき、普段使っているパソコンに「出会い系サイト」のアクセス履歴が残っていたりすると、あなたが普段から「出会い系サイト」を閲覧していることが家族に知られてしまいます。

また、ログインIDやパスワードを自動保存する機能を使ってしまうと、IDやパスワードが漏れ、第三者にログインされてしまいます。

ですので、普段パソコンからも出会い系サイトにアクセスしている場合は、下記の手段を行って下さい。

  • 出会い系サイトにアクセスした後は、必ずウェブサイトの利用履歴を削除する。そして、ログインIDやパスワードは自動保存しない。
  • 普段使っている「WEBブラウザ」とは違うものを利用する。
    家族がIE(Internet Explorer)を使っているなら、グーグルクロームやFirefoxを使う。

 

これらに関して普段から気を付けておくと、後々面倒な事にならずに済みます。

 

10. パパから貰ったお金は何に使う?

 

既婚女性やシングルマザーの方がパパからお小遣いをもらったとき、多くの女性たちはどのように使っているのでしょう?

生活の足しとして使っている人もいるでしょうし、いつかのためにヘソクリにしている人もいると思います。

 

パパ活で頂いたお金をどんな風に使うかは、あなたの自由です。

でも、ちょっと考えてみて下さい。

 

あなたに「お小遣い」をくれるパパ側の気持ちは一体どんなものでしょうか。

男性は、渡したお金がどのように使われていたら嬉しいと思いますか?

 

男性があなたにお金を渡す時の気持ちが分かれば、今よりもっとお小遣いを貰えるようになるかもしれません。

 

たとえば「今は主婦だけど、いずれネイリストになりたい夢があり、パパからのお小遣いで勉強会に参加できました(^^)」と女性から言われたら、夢に向かって頑張っているあなたを応援出来たと喜んでくれるでしょう。

あるいは、「シンママで生活が厳しいなか、パパからのお小遣いで、子供に自転車を買ってあげられた!」と言われたら、これもまた嬉しいはずです。

 

本当はヘソクリにしていたとしても、「パパが喜びそうな話を敢えてする」のは、仮に作り話であったとしても、パパへの心遣いとなります。

「この女性に、お小遣いをあげても無駄じゃない」と思ってもらえます。

 

このとき、使い道の報告と共に『いつも助けてくれてありがとう』と感謝の気持ちも忘れずに伝えてくださいね。

この言葉こそがパパの醍醐味ですから。

 

普段から、お礼や感謝の気持ちを、心を込めて伝え続けるのがパパ活成功の秘訣です!

 

11. パパからのプレゼントは○○を選ぶべし!?

 

女性がパパから言われて一番嬉しいのがこんなセリフです。

「何か欲しいものある?何でも買ってあるよ」
「今度、誕生日でしょ。好きなもの選んでね」

 

パパからプレゼントを貰えることになったあら、あなたは何をおねだりしますか?

 

女性ですから、洋服やバッグ、高級化粧品、エステ、旅行など、色々なものが思いつくはずです。

普段なら絶対に買って貰えないようなプレゼントを買ってくれる男性がいるのは、気分がいいものですし、「何を買って貰おうかな~」と雑誌やネットを見るのも夢が膨らむひとときです。

 

ですが、ここはしっかりと現実に目を向けましょう。

 

既婚女性がパパ活する場合、バッグや財布などの目立つものは避け、ネックレスなど小物をおねだりするのがいいでしょう。

 

ブランドに詳しい旦那さんがいる場合『こんなに高いブランドバックどうしたの?!』と突っ込まれるリスクもありますから、なるべく「サイズの小さいアクセサリ」や「パッと見ただけでは高いことが分からないようなブランド品」を買って貰うのが賢明です。

 

もちろん、「形に残らないプレゼント」をお願いするのもOKです。

デパート商品券やアマゾンギフト券、図書カードなんかは、いくら持っていても困ることはありません。

Amazonギフト券は、購入したものをEメールで第三者にプレゼントとして送ることができるので、ネットさえあれば、いつでもどこでも購入可能です。

 

多くの女性の場合、プレゼントは現金を多めに貰うのが一番ですけどね(笑)

プレゼントの代わりにお小遣いをアップして欲しい場合は、パパに可愛くおねだりしてみて下さい♡

 

 

12. 家庭では普段どおりの行動を心がける

 

既婚女性がパパ活する場合、旦那や家族に知られてしまうのが最悪のパターンです。

ですから家庭ではなるべく普段どおりの行動にしてください。

旦那さんにパパ活している事がバレてしまう原因として、既婚女性がやりがちな失敗例をいくつか挙げます。

  1.  急に服装がお洒落に変わる
  2.  家事や育児に手を抜くようになる
  3.  旦那とセックスレスになる

 

それぞれについて簡単に見ていきましょう。

 

 1. 急に服装がお洒落に変わる

女性にパパができて、女としての喜びに目覚めると、パパ好みに服の系統が変わったり、派手になったりする人がいます。

男性に気に入られたいと思う気持ちはよく分かりますが、ご近所さんはよく見ている可能性があります!

『きれいな格好して、あの奥さん不倫してるんじゃないかしら?』と疑われてしまいます。

 

いつ旦那の耳に噂が届くかわかりませんので、服装は急激に変えない方が良いでしょう。

もし、自己責任でパパと体の関係を持っている女性なら、洋服よりも下着をパパ好みにしてあげると喜ばれると思います♪
見えない所のお洒落に力を入れることで、パパの気持ちを引き留めることができます。

 

2.  家事や育児に手を抜くようになる
外見だけでなく、生活リズムも普段どおりを心がけましょう。

今まで出来ていた家事が手抜きになると、家庭の調和も乱れます。

デートの帰りが遅くなって夕飯がレトルトや買ってきたお惣菜ばかりになってしまったりしていませんか?

洗濯物が溜まって山のよう、洗い物も台所におきっぱなし…家事をないがしろにしてまで残業や仕事に追われたり、主婦なのに日中遊びほうけていたら旦那さんや家族はどう思うでしょうか。

 

『仕事をセーブして家のことをきちんとやってよ!』
『たっぷり時間があるはずなのに、昼間は自宅で一体なにをしているの?』

 

パパ活でつい気が緩んでしまうと、旦那さんにこう言われるかもしれません。

 

 

昨今では、家事や育児を積極的に手伝ってくれる男性も増えてきました。
ですので、必ずしも、あなただけが家事を頑張る必要はないのかもしれません。

 

しかし、今まで家事に手を抜いてこなかった女性が、ある日を境に突然、気が緩んで掃除や洗濯、食事の準備を疎かにするようになってしまったら、旦那さんは「何かがおかしい」と勘づくようになってしまうでしょう。

 

疑い深く、焼きもちやきの旦那にはウソは通用しない可能性があります。

後をつけられて、パパと会っているところを見られたら、離婚になりかねません!
用心深い旦那なら、夜や休日に出掛けるのは後をつけられる心配があるので危険です!

 

小さな疑問が積み重なって、最終的に「妻がパパ活していることが明るみになってしまった」という人もいますから、一事が万事です。

 

パパ活した事であなたが内心はルンルン気分で浮かれていたとしても、家庭内でやるべきことはしっかりと果たすようにしましょう。

 

3. 旦那とセックスレスになる

もしも体の関係を持ち、相性が良かった場合、旦那からのお誘いを断りがちになります。

それが続くと『外に男ができたな?』と怪しまれてしまうかもしれません。

外ではパパとの疑似恋愛に夢中になっていたとしても、夫との夜の営みはお付き合いしてあげて下さい。

 

13. 既婚者やシンママなのにパパ活してる「罪悪感」を捨てる

 

既婚者はシングルマザーとしてパパ活をすると決めたとしても、活動していくうちに「こんな事やっていていいのかしら?」と罪悪感を芽生えるときがあるかもしれません。

 

「パパ活でお小遣いを稼ぐこと」や「女性としての存在価値を再認識できる」という利点がある反面、倫理的な観点から自分を責めてしまう女性もいるでしょう。

 

パパ活を続けるかどうかを判断するのはあなた次第です。

でも、パパと良い感じの関係になってきたし、お小遣いも貰えるのですぐには止められないと迷っているときは、パパ活を違う角度から捉え直してみましょう。

 

パパ活=バイトと割り切りると、罪悪感が和らぎます。

 

ドライな言い方ですが、「お金のためにパパと食事している」と思えば、明確な理由が生まれるので、パパ活する際の軸がぶれません。

仕事中は仕事の顔、仕事が終わればママの顔と切り替えられると気持ちが楽になりますよ。

 

14. まとめ

 

既婚者やシングルマザーでもパパ活できる理由について詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

 

既婚女性であっても年齢関係なくパパ活は出来ますし、敢えて落ち着いた年齢の女性を求めている男性も「出会い系サイト」にはたくさん存在します!

 

シンママであっても、頑張っているあなたを応援したい!という奉仕精神に満ち溢れた男性がきっと見つかるはずです。

 

パパ活を通じて旦那以外の男性と会話をすることで、気晴らしにもなりますし、知らない世界を知るきっかけになるかもしれません。

ゴルフを教えてくれたり、行ったことのないレストランに連れていってくれる事もあるでしょう。

女性として自信をなくしていても、パパが気持ちを満たしてくれる場合もあります。

 

お小遣いを貰えたら、金銭的余裕から心にも余裕が生まれますね。

旦那や育児にイライラしなくなれば、家庭も平和で良いことばかりです。

 

パパも既婚であれば、お互い秘密厳守でプライベートなことまでは口を出さない良い関係が築けるはず。

 

この良い関係のパパ活を続けるためには、旦那や家族にバレないようにメールの証拠隠滅やプレゼントを隠すなど細心の注意は忘れないでください。

そして、普段どおりの生活を心がけ、目立った行動は避けること!

 

この2つが守れていれば、安全にパパ活が出来るはずです。

 

パパ活で今よりちょっとリッチになって、気持ちもお財布も満たされた生活を手に入れてみませんか?

パパ活を初めたいパパ活初心者へ!パパ活オススメサイトを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です