ハケンのキャバ嬢第3話 キャストとあらすじ・ネタバレ

麗香

 

みなさん、ごきげんよう。麗香です。

 

これまで2回にわたり紹介してきた、「AbemaTV」と「朝日放送(ABC)」の共同制作ドラマ「ハケンのキャバ嬢・彩華」。

 

今回はいきなりですが「最終回」のネタバレをするわよ(笑)

 

このドラマはあまりにもぶっ飛んだ内容なので、途中の回は飛ばすことにしたわ(^_^;)

 

パパ活をしている女性にとって関係のある内容を放送しているのは、初回、第2話、最終回の3本になると思う。

 

もし、初回と第2話のネタバレを読んでないなら、ここから見てみてね!

 

では早速、最終回のあらすじを紹介していくわね!

 

ハケンのキャバ嬢 最終回のあらすじ

 

舞と彩華は不審な男に襲われ、頭に大ケガを負ってしまう。

入院している部屋で目を覚ました舞は、花が彩華であった事に気づく。

 

 

そして、彩華と舞を襲った男は、なんと花の同僚であり密かに好意を持っていた「ひぐらし信用金庫」の志田という事も判明した。

 

志田こそが、美人局(つつもたせ)の黒幕だったのだ。

 

 

 

舞は「セ・ラ・ヴィ」の同僚であるエリを走り回って探し、「美人局の片棒を担がされていることを警察で話して欲しい…自分を大切にして!」と頼むがエリは無言で去ってしまった。

 

 

そんなある日、志田は「セ・ラ・ヴィ」に現れた。

自分でケリをつけるために花が志田を店に呼び出したのだ。

 

 

 

そこへ彩華が登場。

 

 

 

驚く志田を前に、ゲームをの提案をする。

志田が勝てば今回のことは全て忘れるという。

 

 

ゲームが進み、志田は彩華が花であることに気付く。

 

 

そして、志田は彩華によって吞み潰される。

 

慌てて「君を危険な目に遭わせる気はなかった」「本当に好きだった」と言ったが、彩華は「お金はいくら稼いでも満足できなくなる。欲には終わりがない」と言い、好きという言葉を跳ね返した。

 

そして彩華は志田にこう言い放つ。

 

「あなたが脅した相手は守るべきものがあり、そこにつけ込んだんでしょうけど…守るべきものがある人は何をするか分かりませんよ?」

 

 

そこに警察が入ってきて、志田は逮捕された。

 

美人局をしてたエリが自首したことで、全ての犯行が明るみなったのだ。

 

 

 

事件は彩華の活躍によって事前は一件落着した。

 

静かになった「セ・ラ・ヴィ」で、彩華と舞はギムレットのカクテルで乾杯し、彩華は店を去る。

 

ギムレットのカクテル言葉は「遠い人を想う/長いお別れ」

 

その後の「セ・ラ・ヴィ」のトラブルは舞が対応し、花は「彩華」としてクラブに戻ることはなかった。

 

 

そして彩華は、「ひぐらし信用金庫」で謎の易者(ホンコン)に、個人融資を申し出た。

易者が「世のため、人のためになる商売をしたい」と訴えたことに賛同してのことだった。

 

 

 

キャバクラで月50万以上を稼ぐにはストレスが付きまとう!

 

「ハケンのキャバ嬢」は大阪を舞台にしたコテコテのシナリオだったわね(;’∀’)

 

大阪には梅田や新地、心斎橋などの大きな繁華街があって活気がある都市よ。

 

大阪や東京のような都市に暮らしていれば、女性が手っ取り早くお金を稼ぎたいと思った時に「キャバクラ」がすぐに思いつくわ。

 

大都市にはキャバクラの数が多いから、働き口には苦労しない。

 

けれど、裏を返せばお客さんの取り合いで競争率が高くなるわ。

 

 

では逆に、地方ならキャバクラでラクに稼げるかと言うと、そうも言いきれないわ。

 

大阪や東京のような都市部は時給が良いかもしれないけど、地方のキャバクラはそんなに時給が良くないと思った方が良いかも…。

 

その割にはドレスやメイク道具などで出費がかさむから、思ったほど自由に使えるお金が少ないのよね。

 

キャバによってはノルマがあるとこもあるし、生理的に無理なお客さんも相手にしなくちゃいけないこともキャバクラの辛いところ…。

 

華やかな世界をごく短い期間だけ興味本位で体験してみるならいいけど、長期間勤務するとなると覚悟が必要よ。

 

都会でも地方でも、キャバクラでまとまったお金を稼ぐには、かなりのストレスやプレッシャーと向き合わなくてはいけない現実があるの。

 

パパ活なら自分のペースで月に50万円以上を目指せる!

 

その点、パパ活なら地方都市に住んでいる女性でも、スマホさえあれば簡単にパパを探すことができるわ。

 

スマホでパパを探す利点はたくさんあるけど、最大のメリットは、見た目や性格が合いそうな男性を選べること!

 

つまり自分が主体になって、「パパ探し」が進められるってこと。

 

自分と価値観が合わない男性や生理的な無理なお客さんに無理して接客する必要がないから、麗香は断然「パパ活」をお勧めするわ。

 

「パパ活日和」でも何度もお伝えしているように、パパ活では、自分がデートしたい男性やお付き合いに際しての条件を女性が上手にリードしながら決めることができるの。

 

もちろん、女性の主張やワガママを一方的にパパに押し付けるのは嫌。

 

だから、パパも自分も楽しめる「win-winの関係」でパパ活するのが麗香のモットー!

 

 

でも、もしこれがキャバクラだったら、どうしても「お客さん」を立てないといけないし、売上をあげるために、女の子が弱い立場に立たされてしまう事が多いのよね。

 

「パパ活」なら、男性と対等な立場でお話することができるから、自然体で無理なく関係を維持することができるわ。

 

それに、キャバクラと違って露出の多いドレスも深夜の出勤も、タバコ臭い臭いも、女同士の争いもナシ!

 

面倒な事を一切せずに、スマホひとつで男性との素敵な出会い探しができるのがパパ活の素敵なところ♡

 

 

パパ活にはキャバクラと違って、こうしたメリットが満載。

 

特に最近では、シュガダワクワクメールなどの「パパ活サイト」でパパを探している子が増えています。

 

この2つのサイトは大手で会員数もぐんぐん伸びているの。

 

たくさん会員がいれば選ぶ幅も広がって素敵なパパに巡り会える確率も上がるわね。

 

ちなみに詐欺へ誘導するような悪徳サイトじゃないから安心して登録してみて(#^.^#)

 

 

パパ活のために利用している女の子が多いことから、男性もパパ活の経験があったり、ルールを知っていたりする事も多いわ。

 

女性が一から「パパ活」のマナーやルールについて説明する手間も省けるから話が早くて楽チン。

 

パパ活が浸透していないサイトだと、パパ活の説明だけさせておいて「そうゆうのはちょっと…」って言われたらガッカリしちゃうもの。

 

その点シュガダやワクワクメールなら自分からアクションしなくてもプロフィールに「パパ活希望」を書いておくだけで、男性からかなりの頻度でアプローチがくるよ!

本気でパパ活したい人必見!インストールすべきパパ活アプリ3選!

 

 

自分を見失わないように「パパ活する目的」を決めよう

 

何でもそうだけど、パパ活も目的意識を持って行うのが大切。

 

パパ活する目的は何なのかしっかり自分なりのビジョンを持って始めると良いわ。

 

たとえば、あなたはパパ活で稼いだお金は何に使う?

 

 

人によっては生活費の足しにする場合もあるし、学費に充てる人もいるでしょう。

借金の返済のためっていう人は切実な問題ね!

 

私のように「夢」があってその為に資格を取りたいとか、お店を開くために開業資金が欲しい人もいるはず。

 

とりあえず、将来のために貯金するのもアリだと思うわ。

 

貯金するにしても1,000万円貯まったら辞めようなど、目標を立てておくとパパ活のモチベーションアップにもなるわね。

 

パパ活の目的を見失ってしまうと、ドラマに出てきた人たちのように、いくら稼いでも心が満たされることはなくなってしまう。

 

欲深くなってしまうと、無茶なお願いをしてパパにからお別れを告げられてしまうかもしれない。

 

 

お金を貰う事だけに執着してしまい、「仕事やプライベートでやるべきこと」や「パパとの楽しい時間を過ごす」事が疎か(おろそか)になってしまったら本末転倒。

 

 

私らしいパパ活とは、いかにパパと良好な関係を築けるか。

そして、パパとの経験やお小遣いを通じて得た体験でさらに成長し、夢を叶えてレベルアップできるか。

 

 

これが重要なのであって、「お小遣やプレゼント」は結果としてついてくるものと捉えているわ。

 

パパのことを大事にすればきっと同じように大事にしてくれるはずだと思うから。

 

自分を見失わないためにも、自分なりの「パパ活ルール」を作ると良いわね。

 

あなたも自分らしいパパ活をしてみてちょうだいね。

 

麗香

 

3回にわたってお送りしてきた「ハケンのキャバ嬢第3話 あらすじとネタバレ」はいかがだったかしら?

 

大阪のキャバクラを舞台にした痛快コメディだったけど、
パパ活女子も見習える人間心理やものの見方が表現されていたわね!

 

マネできるテクニックや考え方は取り入れてみね。

 

あなたがストレスフリーで自分らいいパパ活でできますように♪

 

じゃあ、またね!

 

本気でパパ活したい人必見!インストールすべきパパ活アプリ3選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です